AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

公務員の給料って高いの?安いの?

SPONSORED LINK

公務員の給料が上がる

実際の年収とかの情報については

公務員と民間企業はどっちがいいの?給料や福利厚生、就業環境から比較してみた

を読んでみてください。


国家公務員の給料が上がりますね。ぼくが勤めていたときもこのことは話題になっていました。

でも世の中的には反対ですよね。だって大部分が公務員じゃないんですもん。そりゃ反対してあたりまえです。みんな自分のことしか考えてません。ぼくもです。


国家公務員の給与アップ、松田公太氏が反対票 「大借金の会社で引き上げは聞いたことがない」
松田代表


まあたしかに、これはこの松田氏の言う通りですね。

ぼくはいまベンチャー企業に勤めていますが、赤字の企業で給料を上げるとか絶対ありえないです。

「公務員は民間企業とは違うんだから、一緒にするな」というツッコミもあるかと思いますが、それなら下の記事「"民間にならって"賃上げ」という論理もおかしいですよね。

2年連続アップ…国家公務員“民間にならって”賃上げの詭弁

この記事は2015年5月のものなんでちょっと古いですが、このようなことが言われていますね。
「民間企業の社員の平均年収412万円に対し、国家公務員は約700万円。年収だけでなく、年金、退職金も相当優遇されています。もちろん、原資は全て税金です。それで国の財政が厳しいというのだから、到底納得がいきません。安倍政権は、中小零細や非正規雇用の方たちの給料を上げる施策を取ることができていない。格差は広がるばかりです」 

松田氏は納得がいかないみたいです。



前の給料に戻るだけ

でも、これって数年前に下がったのを戻すだけなんですよね。これまでの水準に戻るだけなんです。
これまでの2年間公務員は給料が、平均で7.8%削減されてきました。それが戻るだけです。 

働いている人の能力の平均が違います。だから、「民間企業」全体の平均年収と公務員の平均年収を比べること自体がおかしいと思うんですよね。


田舎の市役所でも試験+面接がある

そもそも、ぼくの出身であるド田舎・北本市役所でも、公務員試験があってそのあと面接もあって、落ちる人もまあまあいるわけですよ。

民間でもSPIとかテストセンターとかありますが、大手だけですよね。中小企業はそういう試験を行っているところは少ないと思います。

民間では、筆記試験を行う割合って決して多くはないんですが、公務員だと田舎でも筆記試験+面接というハードルを超えてきてるんです。田舎の民間企業だったら、面接がせいぜい1回ですよね。むしろ縁故採用とか多いわけです。

保育士だって、公務員の保育士が人気なわけですよね。倍率も高くて、単純に考えればその分優秀な人が入るわけです。そうでなきゃ面接の意味ないですし。くじ引きの方がいいみたいなことありえないですから。

人気な方が給料が高いって、あたりまえだと思いませんか?ぼくは公務員が給料をもらいすぎだとか思ったことないです。

たぶん、文句を言ってる人たちって、田舎で中小企業に勤めてたりパートだったりして、自分たちより給料がいい役所の職員を妬んでるんでしょうね。