AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

勉強時間の管理の仕方。手帳やGoogleカレンダーがすごく便利

SPONSORED LINK

勉強を進めていくにあたって、目標の勉強時間に到達することがとても大切なのですが、それをきちんとやりきるためにいろいろと工夫することがまた大切です。

ここで紹介する方法は、公務員試験勉強だけでなく、大学受験や資格試験の対策にもなるので、とても有用だと思います。


勉強の計画やスケジュール管理の方法(公務員試験の場合)


やり方としては、筆者は手帳を使っていました。毎週月曜日に一週間の目標勉強時間を書いておきます。その際、1日ずつ予定を確認して勉強時間を決めていきましょう。まずは試験日までの総勉強時間を計画します。これについては、このブログで度々紹介している




この本を参考にしてください。最強です。
 

筆者は、大学に一般入試で合格したレベルならだいたい600時間くらいかなと思っています。

推薦入試などの方は、学力に自信の無い方は700時間とか800時間取れれば理想。

 


そしてこの時間から試験日までの週数で割って逆算していきます。すると、一週間でやらなければいけない勉強時間が算出されます。あとはその目標を達成するのみです。

この記事では、勉強時間にしか触れないので、どういう参考書がいいとか勉強する科目の順番や時間配分などの話については別の記事をご覧いただくか、上で紹介した本、他のWebサイトなどで調べてください。



さて、勉強時間の管理の仕方ですが、たとえば火曜日にアルバイトがありその分勉強時間が取れない、ということであれば、時間を他の日よりも短くします。月曜日が6時間なら火曜日は2時間、などと記入する感じ。

事前に決めた勉強時間と、一週間経ったときの勉強時間の結果を比べます。ここで、多めにできていれば次週は少し少なくてもいいな、とかできますよね。無理に多めにやる必要はないです。ちゃんと合格ラインを超える計画をしていると思いますので。

そして、Googleカレンダーでの予定管理がとてもおすすめです。



今日は何時間勉強したのかという情報を入れておくことで、パソコンからでもスマホからでも簡単に確認することができます。

手帳だと、家に忘れたら記入することも確認することもできませんよね。Googleカレンダーならむしろ他人のスマホからでもログインすれば見ることができます笑

こんな感じで、しっかり目標の勉強時間を達成して合格しちゃいましょう。