AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

公務員に合格するための面接対策。どうすれば合格できる?

SPONSORED LINK

筆記試験にめでたく合格したら次は面接試験ですね。

筆者は面接は得意でしたので、ほとんどの面接で通りました。今回は面接のコツや、気をつけることなどについて書いていきます。

面接で合格するには

まず、面接で合格するために大事なのは何だと思いますか?コミュニケーション能力?笑顔?コネ?


いえ、答えは「準備」です。

なぜ準備が最も大事なのか。その前に、準備とはどういうことかを説明します。

ここでいう準備とは、ホームページなどによる求める人物像などの調査、面接に備えた想定問答集(どんな質問が来るのかを予想、それに対しての回答までをまとめたもの)や、部屋への入り方、模擬面接、面接先への訪問、などなどたくさんあります。

中でも最も大事なのは、想定問答集です。私はこれをEvernoteで作成していました。

このような準備をするかどうかで、面接の合否は決まると言っても過言ではありません。

相手の求める人物像に合わせてこちらの出方を変える。言う内容を変える。アピールするポイントを変える。このようなことをあらかじめ考えておき、当日実行することによって、結果は大きく変わります。


他のアドバイスとしては、自己PR、志望動機、長所・短所などの面接カードやエントリーシートの記入項目は、人事担当の人が読んだときにそれぞれがリンクするように作るのがかなり大事な作業になってきます。

そうすることにより、人事担当側は、この人物はどんな特性を持っているのか、どんな性格なのか、ということが分かりやすくなります。

人事担当の人たちは、大量のエントリーシートや面接カードを読みまくっていて、読むのに疲れています。そんな中で、分かりにくく書いてしまったら、あまり真剣に読んでもらえなくなってしまう可能性があります。

そういう観点からいくと、(手書きだったら)字を綺麗に書く、読みやすい大きさで書く、曲がらずにまっすぐに書く、ということも気をつけましょう。

パソコンの場合でも、制限目一杯だと読みづらくなってしまうので、枠の8割くらいがちょうどよいでしょう。


以上、面接対策についてでした。