読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kashiyuki Blog

公務員試験・院試などの情報や物理・天文、たまにプログラミング系

理系公務員になるのに資格は必要か?それともなくても大丈夫?

SPONSORED LINK

理系の公務員になるにあたって、資格は必要なのか。

土木施工管理技士建築士電験、ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)など、理系公務員で仕事をしていくとなんとなく取ることになる資格はたくさんあります。

まず結論から言うと、新卒なら必要ない。中途なら年齢に応じて必要性が出てくる。という感じです。

また、勤続年数が増えていくと、この資格を取らないとこのポジションには行けない、ということも出てきます。たとえば、一定規模以上の職場では電験三種以上を持っていないとそこの責任者にはなれない、などです。こういうことは全て法律で定められていおり、今の内容は電気事業法で定められています。


新卒では具体的にはどうなのかというと、私は大学では宇宙物理学や地球科学といった施設、設備とは全く関係のない専門だったのに、内定をいただきました。また同期の技術職員も新卒の人は資格を持ていないどころか専門も違いました。

しかし、就活時にはやはり私も専門が全く違うことが気になり不安だったため、試験を受ける年の1月くらいに行われた説明会で、説明をしてくださっていた方に話しかけて、この不安について相談しました。

そうすると、ある課長さんを紹介していただき、その方にメールできちんと相談することができました。その方は、資格があったり、施設や設備について勉強していることを面接でお話ししてください、と言っていました。

国家公務員総合職、国立大学法人、東京都特別区の試験に合格しました。その後面接を受けたのは国家公務員総合職、某国立大学、情報・システム研究機構です。情シスの最終面接以外は全て通りました。国家公務員総合職の採用過程の途中で某国立大学から内々定をいただいたので、もうめんどくさかったのでその大学に行くことにしました。

内々定の知らせの電話のときの嬉しさと言ったら忘れられないですね。それなりに頑張ったので。最終面接はやはり緊張しましたが、受けた後に、これは受かったなと思っていました。


ということで、資格は若ければなくても大丈夫、年齢が上がってくると、周りも取っている人が増えてくるのであった方がいい、という感じになります。