AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

大学院生の就職について

SPONSORED LINK

Googleでみんなどんな検索キーワードを使っているんだろうと調べたら、
大学院 就職
と一番上に出たので、大学院生の就職について少し書きたいと思います。

一つ先に謝っておくと、僕は大学院生の状態から就職をするという経験をしたことはありません。 ただ、一応就活をして就職するという経験はあるので、それを通じて多少の情報は持っているつもりです。

僕のした経験は、

  • 大学生のときの研究室の先輩(大学院生、主に修士)就職状況を見てきた。
  • 就活したときに大学院生もたくさんいて、その人たちの就職先を知っている。
  • 社会人として仕事をする中で、大学院卒の人をたくさん見てきた。

という感じです。社会人経験が無い人よりは知っているのではないかなと思います。

文系大学院生の就職事情

前置きはこれくらいにして、ごく簡単に言えば、大学院生の就職事情はかなりポジティブだと思います。

文系の大学院卒は就職は厳しいという話はたまに聞いたりしますが、僕の周りの文系大学院生はかなりの割合でいわゆる一流企業から内定をもらっています。

ただ、やはり文系は学部卒の方が有利です。専門性が活かせる業界に就活をするなら全く話は別(法学部の大学院卒の人が法律事務所に就職する、など)です。

理系大学院生の就職事情

理系の場合は話は異なり、修士課程卒が一番就職が強い感じはあります。

なので、理系はもし行けるなら修士に行った方が就職にとってはいいのではないかと思います。

博士卒の就職事情

博士課程卒はどうなのか、という話ですが、博士卒は日本においてはまだ就職しづらい空気がありまうす。

それでも理系に関しては一流企業に就職している先輩もたくさんいますので、悲観的になる必要は決してないと思います。 自分の気が済むまで研究をしてから就職をしたいという場合、博士課程まで行ってから就職活動をするという選択肢も最近は大いにあるようです。

これに対して文系は、博士卒の就職状況は僕は全く知らないため、すみませんがここで書くことはできません。 しかし一つ言えるのは、文系は博士号を取るのが非常に大変で、5年、6年もかかるのがデフォルトという研究室もあるようなので、絶対に研究者になりたい、という気持ちがあるのでなければ、博士課程に進むのはやめておいたほうがいいような気がします。研究者にならないつもりの場合、20代の貴重な数年を使う上、就職事情は悪くなってしまうという、デメリットが非常に目立つ状況になってしまうからです。

以上、こんな感じで終わります。