AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

大学院入試の対策法ー東京大学大学院に合格した経験から

SPONSORED LINK

はじめに

この時期、来年度に行われる大学院入試の対策を始めている方は多いのではないでしょうか。

僕は昨年に東京大学大学院に合格できました。
東京大学大学院理学系研究科天文学専攻に合格しました - Kashiyuki Blog

ちなみに学部は某都内私立大学でした。卒業後ちゃんと就職しましたが、仕事を辞めて大学院に行くことにしました。

大学院を受ける上で学歴は関係ないと思います。(そう思いたい)
大学受験では高校の偏差値は関係ないですし。

とにかく、まずは筆記試験で合格点を取ることが必須です。試験以外にも、だいたい試験後に面接があり、また専攻によっては研究計画書を提出する必要があったりします。

昨年僕が対策を始めたときは、自分の受けるところについて参考になるウェブサイトは本当に少なかったです。
というか今でも少ないです。

参考になるサイトが少ない要因としては、

  • 合格した人にそもそもサイトやブログを作って書くという発想がない
  • 面倒
  • 自分の経験や体験を書くのは恥ずかしい

というものがあげられると思います。

実際、僕も恥ずかしいです。
自分のクラスの人や関係する人たちに読まれていたらと思うと、やはり恥ずかしい気もします。

しかし、参考になるサイトが少ないなら、自分も書いて、情報を欲している人たちのためになろうと思って書いています。

ですので、「こんな内容を書いてほしい」等のリクエストがありましたらぜひ教えてください。

具体的に何をやればいいのか

募集要項をよく読む

まずは、自分が受けたい大学院の専攻の日程や試験科目を細かく確認しましょう。

ググれば出てきます。試験内容までよく読んで下さい。

いくつか受ける人が多いと思いますので、すべての専攻について調べてください。

説明会の日程を調べる・行く

院試説明会のようなものが開かれていると思いますので、日程を調べて手帳などにしっかり書いておきましょう。

受けるつもりがある大学院はすべて説明会に行くのが望ましいです。

説明会に行くことで、受験希望者の人数がなんとなくわかりますし、そこで思い切って参加者に話しかければ仲間を作ることもできます。

他の記事でも書きましたが、一緒に受ける仲間を作ることは非常に重要です。めちゃくちゃ重要です。

一匹狼を貫くというのはあまりおすすめしません。

合格のための計画を立てる

勉強計画はもちろん、面接についても考えておかなくてはいけません。

いつまでに何をどれくらいやるのか、よく考えましょう。

1点でも多く点を取るために、最善を尽くしましょう。

まとめ

まずは行きたい大学院すべての募集要項をよく読みましょう。

そして、科目ごとに何を勉強するのか決め、うまく決められたらそれを実行していくのみです。

また、仲間と過去問を解き合ったりということも非常に有用なことなので、できれば仲間を作って一緒に頑張りましょう。

今回このへんで。