読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kashiyuki Blog

公務員試験・院試などの情報や物理・天文、たまにプログラミング系

企業や公務員の面接対策法・注意点

公務員 勉強法

SPONSORED LINK

大学生のときの就活では公務員系しか受けていませんが、実は公務員でも面接が数回あるところもあります。一応面接はほとんど通りました。また、企業への転職活動の経験もあります。

今回は面接の対策の仕方や注意点を大まかに書いてみたいと思います。

やってはいけないこと、マイナス点

まずは、やってはいけないことです。
とりあえず、面接官に減点されないことが第一です。

通常、面接は減点制ではありませんが、面接官は就活生を見ていて実は減点しています。

具体的に列挙してみると、

  • 声が小さい
  • 話がわかりにくい
  • 姿勢が悪い
  • 見た目(髪型やスーツ)が清潔でない
  • 自信が無さすぎる
  • 自信が見えすぎる

などです。
ここで気をつけなければいけないのが、「自信が見えすぎる」というものです。

話し方や話す内容に過度の自信や自慢が感じられてしまうと、面接官は不快に思います。そして、「こいつは大した事なさそうだ」と思ってしまいます。

そうしたことを避けるために、「ちょうど良い自信」を見せましょう。

やった方がいいこと、プラス点

最初から列挙すると、

  • 声がはきはきしていて聞きやすい
  • 話がスッと入ってくる
  • 雰囲気に好感が持てる(表情や話し方など)
  • 清潔感がある
  • 謙虚さがありながらほどよい自信もある

プラスに思ってもらえるポイントはこのような感じだと思います。
謙虚さがありながらほどよい自信もあるというのは本当に大事です。

これはよく言われますが、面接では話す内容よりも話し方のほうが大事というのは本当です。

ただしこれは比較の話であり、当然話す内容も大事です。変なことを言っていたら落とされます。

話に一貫性を持たせる

また、話のわかりやすさも重要です。

話がわかりやすくないと、聞いている側は話が頭にスッと入ってきません。

自己PR、志望動機などなどの話の内容の一貫性を保つことで、とてもわかりやすくなります。

ですから、面接は始まる前から勝負は半分決まっていると言ってもよいでしょう。

自己PRや志望動機をエントリーシート(ES)に書くと思いますが、書く時点でしっかり一貫した内容にしておきましょう。

自分の強みや弱み、強みを活かした仕事内容へのアピールなど、アピールポイントがバラバラだとわかりにくいし、論理的でないという烙印を押されてしまいます。

ESで突っ込まれそうなポイントをわざと作る・用意しておく

ESに書いたことから基本的に突っ込まれます。

そのために、突っ込まれそうなポイントについてさらに話すために準備をしておきましょう。
さらに高等テクニックとしては、わざと突っ込まれるポイントを作るという方法もあります。実際に使っていました。

そうすると、「やはりそこを聞いてくるか」という感じで、うまい具合に自分がしたい話をすることができて楽しいです。

以上、今回はこんな感じです。