AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

Macでのgnuplotのインストール(AquaTermとX11も一緒に)

SPONSORED LINK

gnuplotのインストールにわりとハマりました。めんどくさかったです。

XCodeをインストール

まず、XCodeをインストールしといた方がいいみたいです。ぼくは以前にインストールしていたので、インストールしていない状態では試していません。

AquaTerm、X11をインストール

次に、AquaTerm、X11もインストールしていきましょう。

AquaTermのダウンロードページよりAquaTermをダウンロードして、インストールしてください。

X11のダウンロードページよりX11を同様にダウンロードして、インストールしてください。こちらは少し時間がかかりました。

AquaTerm、X11がアプリケーションフォルダに入っていれば成功です。X11に関してはさらにその中のユーティリティの中に入っているかもしれません。

gnuplotのインストール

gnupotはここからダウンロードできます。
http://www.gnuplot.info/

次に、ターミナルを起動します。 ターミナルがなんのことか分からない人はググッてください。

ターミナル上でこんな感じでコマンドを打っていきます。

cd /Users/username/Downloads/gnuplot

要するにさっきダウンロードしたgnuplotのファイルの置き場所に移動するということですね。 ここで、"username"はご自身のMacのユーザーネームです。ダウンロードしたgnuplotのファイルの上で右クリック(2本指クリック)して、「情報を見る」を押すと置き場所が書いてあるのでそれをコピペすると楽です。わざわざ「情報を見る」なんて押さなくてもショートカットキーでコピーできた気もしますが、忘れました。

この後は

./configure --with-readline=builtin --with-aquaterm --with-x11
make
sudo make install

とポンポンとインストールしていきましょう。

gnuplotを起動

ついにgnuplotを起動します。

gnuplot

で起動できます。

Terminal type set to 'aqua'

こんな表示があれば、AquaTermが使用されていることになります。

ここで

Terminal type set to 'unknown'

となってしまっている場合は、

gnuplot> set terminal

とset terminalを打ってみましょう。

その中の一覧にaquaやx11があるはずなので、

gnuplot> set terminal aqua

あるいは

gnuplot> set terminal x11

という風に指定してやればいいです。

一覧にaquaやx11がない場合には、どこかの手順に不備があるはずなので、gnuplotをアンインストールしてインストールし直す必要があります。

sinカーブを描いてみる

実際にグラフを描いてみましょう。 定番のsinカーブを描いてみることにします。

``gnuplot> plot sin(x)

これだけでsinカーブのグラフを描くことができます。楽しいですよね。

ちなみに、aquaでもx11でもどちらの状態でも大丈夫ですが、aquaの方が曲線が滑らかで綺麗です。