AstroBlog

宇宙系大学院生の戯言

なぜ早起きしたくても失敗を繰り返すのか?に対する考察

SPONSORED LINK

ぼくは最近早起きしています。6時までには起きて、1時間くらいプログラミングとかブログ書いたりとかしてます。

でも、前までは1日, 2日しか早起きが続かなくて、とても悩んでいました。

そこで、早起きをしたいとずっと思っているのにどうしてもできない人はなんで朝早く起きれないのか、について考察してみました。

もっと正確にいうと、前日に「明日は6時に起きよう!」と思っても起きれないのはなぜか、ということでしょうか。

そんなに早く起きる必要性がない

f:id:nariagarix:20160212161318j:plain

もうこれに尽きると思います。

ぼくも大学生のときにセブンイレブンのバイトをしていたときは朝6時に出勤でした。おそらく5:45くらいに起きて速攻着替えて、チャリをとばして、2,3分前に着いていた感じでした。

このときは起きてたんですよ。まあ寝坊したことはあるんですが、それでもほとんどはちゃんと起きてたわけで。そうでないとクビですよね。クビにはなってないです。

早起きができない人は、まず絶対的に早起きする必要性がない人たちなんですよね。早起きできない根本原因はこれだと思っています。

よく、「あなたはなぜ英語を話せないのか」みたいな本とかWebサイトとかありますが、それってやり方とか根性論とかの話だと思うんですけど、英語を話せるようにならない原因ってそこじゃないと思うんですよね。

その人にとって、英語を話せるようになる必要性がないから、モチベーションが続かないんですよ。

では早起きしたい人はどうすれば早起きできるようになるのか

よく言われますけど、"目的と手段を間違えている"パターンに当てはめられるのではないかなと考えています。

要するに、「なんのために早起きするのか」という自分の中での理由がしっかりしていないと、モチベーションが続かないわけですよね。

だいたい、早起きに失敗するパターンって

よし!明日は5:30に起きるぞこれでおれも生産性高まって成功まっしぐら!とはいってもまだ眠くないので早くは寝れず結局2時前くらいに寝るアラームで5:30に起きるでも眠い二度寝しよう

の黄金サイクルの繰り返しだと思うんです。

この魔の黄金サイクルを抜け出すにはどうすればいいのか?いろんなところでよく聞きますね。

  • 早寝の前に早起き!無理やり早く起きる
  • そもそも寝る時間を早めればいい
  • 二度寝をしないようにする
  • 朝やることを決めておく
  • 飲み会を極力断る

これらのことって、ぼくも実践しましたよ。でも、1日とか2日はできても、すぐやめちゃうんですよ。三日坊主にもならないという。

「自分は今何を頑張るべきなのか」と明確にする

そもそも早起きする必要はないんですよね。そりゃ健康にいいとか仕事がデキるようになるとかいろいろ言われていて、早起きできたらいいに越したことはないんでしょうけど、「必要」がないから起きられないんです。もし出勤時間が7時になったら絶対今より毎日早く起きますよね。でも、こういうことがない限りもしかしたらあなたは一生今の起きる時間をキープしていくかもしれない。会社に間に合うギリギリの起床時間で。

やはり早起きを続けるためには、「自分は今何を頑張るべきなのか」もっと大きく言ってしまうなら、「自分は、この人生で何を成し遂げたいのか」というところまで明確にしておくと、早起きをする強いモチベーションになると思います。

「自分は、この人生で何を成し遂げたいのか」が明確になると、とても気持ちがすっきりします。そして、本当に頑張ろうという気持ちになります。それによって早起きもちゃんと継続するようになります。本当です。

以上、これからもかしゆきぶろぐをよろしくお願いします。